• 製品名
  • キーワード
  • 製品モデル
  • 製品概要
  • 商品説明
  • 全文検索

Oreeレーザーからのレーザーの切断プロセスのFAQ

数ブラウズ:21     著者:サイトエディタ     公開された: 2017-07-25      起源:パワード

レーザーの打抜き機およびレーザーの切断プロセスについての正常な解決を見つけることができる

働き主義

レーザーの切断は材料を切るのにレーザーを使用するが産業製造業アプリケーションのために普通使用されたり、また学校、小企業および道楽者によって使用され始めている技術。 光学によって強力なレーザーの出力を最も一般に指示することによるレーザーのカット・ワーク。 レーザーの光学がおよびCNC (計算機数値制御)は生成される材料かレーザ光線を指示するのに使用されている。 切断材料のための典型的なコマーシャルレーザーは材料に切られるべきパターンのCNCかGコードに続くために動作制御システムを含む。 集中されたレーザ光線は溶かす材料で焼き付けるか、蒸発するか、または良質の表面の終わりを端に残すガスのジェット機によって吹く離れた指示される。 産業レーザーのカッターが構造および配管材料と同様、平らシート材料を切るのに使用されている

レーザーCUTTER.png


レーザーの切断で次元の正確さの影響を及ぼを考慮する

私達はレーザーの打抜き機の製造業者をである優秀、切断の精密である最初の標準確認する。 従って修飾される考慮された次の4つの要因からありなさいかどうか、切断の精密を確認する方法を

1.    レーザーの発電機のレーザーの凝固のサイズ。 点が非常に小さければ、切断の正確さはギャップが切断の後で非常に小さければ非常に高い、そして。 レーザーの打抜き機の精密が非常に高い、品質は非常に高いことを示し

2.    ワークテーブルの正確さ。 ワークテーブルの正確さが非常に高ければ、切断の正確さは改善される。 従って、ワークテーブルの精密はまたレーザーの発電機の正確さを測定する非常に重要な要因である

3.    円錐形に凝縮するレーザ光線。 切れるとき、レーザ光線は工作物の切断の厚さが非常に大きいとき、切断の正確さ減ったり、切り取ったギャップを非常に大きい先を細くすることである

4.    材料を切ることはまた異なっている、影響を与えるレーザーの打抜き機の精密に。 同じケースでは、ステンレス鋼の切断およびアルミニウムは非常に別の正確さである、ステンレス鋼の切断の正確さはより高く、セクションはスムーズである


レーザーを集中する方法

レーザ光線は焦点レンズを通して集中する。 焦点レンズは拡大鏡および日光のように機能する。 55mmレンズのために、レーザ光線はレンズを通り、最も小さいポイントにレンズの端からの約55mmで一点に集中する。 レーザ光線はこの「点」の最も小さいサイズに集中される。 レンズが焦点管に取付けられること与えられて、質問は刻むか、または切れるために最適位置に材料を置く方法をである

最初にどんな結果がについて望まれるか、考えなさい。 私達が刻みたいと思う時はいつでも私達は材料の表面にいる最も小さい点およびその点に集中するレーザ光線を有したいと思う。 最も小さい点サイズを私達に最もよい解像度を与える持っていることは。 最もよいDPI (ドット/インチ)。 レーザー機械は手動高さの測定のツールによって来るべきである。 機械は正方形の部分かアクリルと焦点管の側面のマーカーに一致することを来る。 他の機械は材料の焦点管のノズルと表面の間でsnuggly合う隙間ゲージと来る

正常な調節方法は材料の表面がレーザ光線の焦点の点にあることそのような物材料を仕事台に置き、次に仕事台の高さを移動することである。 表を適切な高さに移動している間測定のツールを使用しなさい。 表を余りにずっと移動しないことを確かめなさい。 表の表面、材料、または焦点アセンブリを損ないたいと思わない

ほとんどのレーザー機械に移動可能な表の高さがある。 表が上にまたは既に移動されれば移動しなければ、焦点管に約1.5インチの上下に移動するか、または滑る調節がある。 最初に、焦点管のナットゆるめなさい(またはねじを)。 2番目に、物質的な表面の上の望ましい高さに焦点管を移動しなさい。 焦点管のナット持続させなさい、きつく締めなさい(またはねじを)。

所定の間隔に焦点を置くのに提供されたツールを使用している焦点はどうしても右ではないようではないことかかわっている。 中国の光学がベストではないことを覚えなさい。 最適焦点間隔はレンズからわずかにより近いですまたはずっと離れるかもしれない。 焦点アセンブリの下に平らなスクラップ材料(木)の部分を置きなさい。 材料が焦点レンズにわずかに余りに近いこと焦点をそのような物調節しなさい。 木でテスト点を作るのに「レーザー」ボタンを使用しなさい。 点サイズは彫版のための欲求より大きい。 レンズから表をちょうど小さい間隔移動しなさい。 きれいなターゲット位置に木を移動しなさい。 「レーザー」ボタンを使用して別のテスト点を作りなさい。 点サイズはより小さくなるべきである。 表を移動し、木製の表面でテスト点を作り続けなさい。 点がより大きくなり始めるときちょうど焦点を渡した。 これはレンズの本当の焦点間隔を見つける簡単な方法である

最もよい彫版を得るため….

1.    レーザーが材料に焦点を合わせることを確かめなさい。

2.    目標資料が不均等な表面なら、レーザーが焦点から外れてあるある領域を見つけるかもしれない

3.    目標資料が合せ釘の棒およびなら回転式接続機構を使用していない。 レーザーは画像のある部分に焦点から外れてある。

4.    画像がレーザーの切口の端で曖昧な、集中すればようであるが、速度の最高で余りに刻むことを試みるかもしれない。 より遅いレートに彫版の速度をセットしなさい。 またに焼き付けない材料をレーザー力のパーセントをに関して減らす必要がある。

5.    物質的なショー(スキャン)が刻まれた領域で並べば、「スキャンギャップ」は減る必要がある場合もある。 「スキャンギャップ」は柵が彫刻家のスキャンのパスの間でYの方向で移動する空きである。 低い数字へ「スキャンギャップ」をセットすることはよりよい解像度を与える。 ある材料(陽極酸化されたアルミニウム、堅いプラスチックおよび堅い木)によって、0.05のスキャンギャップは優秀な結果を与えるかもしれない。 ガラスのためのよい設定は0.07である。 柔らかいプラスチックでは、0.1のスキャンギャップはプラスチックが塊ことを保障するために必要である。 0.1の設定は柔らかい森のためによい


規則的に焦点からの間隔で変わる材料を刻めば、より長い焦点距離の焦点レンズを購入することが得策であるかもしれない。 より長い焦点距離はより多くの間隔のために集中するためにより堅くとどまる.


タイプ

レーザーの切断で使用されるレーザーの3つの主なタイプがある。 二酸化炭素レーザーは切断、ボーリングおよび彫版に適する。 ネオジム (ND)およびネオジムのイットリウムアルミニウムガーネット(ND-YAG)レーザーは様式で同一、アプリケーションでだけ異なる。 NDはボーリングのために高エネルギー低い繰返しが必要となるが、ところで使用され。 ND-YAGレーザーは非常に高い発電が必要、ボーリングおよび彫版のためであるところで使用される。 二酸化炭素およびND/両方ND-YAGのレーザーは溶接に使用することができる


二酸化炭素のレーザーの共通の変形は速い軸流れ、遅い軸流れ、横断流れおよび平板が含まれている


二酸化炭素のレーザーは流れをガスの組合せを通して(DC興奮する)渡すことまたは無線周波エネルギーを「ポンプでくまれる」(RF興奮する)使用することによって一般に。 RF方法はより新しく、普及するようになった。 DCデザインがキャビティの中の電極を必要とするので、ガラス製品および光学の電極材料の電極の腐食そしてめっきに出会ってもいい。 RFの共鳴器に外部電極があるのでそれらの問題に傾向がない

二酸化炭素のレーザーは穏やかな鋼鉄、アルミニウム、ステンレス鋼、チタニウム、タスクのボード、ペーパー、ワックス、プラスチック、木およびファブリックを含む多くの材料の産業切断のために使用される。 YAGのレーザーは切断のために本質的にけがきの金属および製陶術使用され、

電力源に加えて、ガスの流れの種類はパフォーマンスにまた影響を与えることができる。 速い軸流れの共鳴器では、二酸化炭素の混合物、ヘリウムおよび窒素はタービンかブロアによって高速で循環される。 横断流れのレーザーはより簡単なブロアを必要とするより低い速度でガスの組合せを循環する。 平板にか拡散によって冷却される共鳴器に与圧かガラス製品を必要としない置換のタービンおよびガラス製品の節約の原因となる静的な油田がある


レーザーの発電機および外部光学は(を含む焦点レンズ)冷却を必要とする。 システムの大きさおよび構成によって、不用な熱は冷却剤によってまたは直接空気に転送されるかもしれない。 水は通常スリラーまたは熱伝達システムを通して循環される広く使われた冷却剤、である

レーザーのmicrojetは脈打ったレーザ光線が低圧のウォータージェットにつながれるwater-jet導かれたレーザーである。 総内面反射によって、光ファイバと同じように、レーザ光線を導くのにウォータージェットを使用している間これがレーザーの切断機能を行うのに使用されている。 これの利点は水がまた残骸を取除き、材料を冷却することである。 従来の「乾燥した」レーザーの切断上の追加利点は高いさいの目に切る速度、平行切り目および全方向性の切断である

ファイバーのレーザーは金属の切断工業の内で急速に育っているタイプのソリッドステートレーザーである。 二酸化炭素とは違って、ファイバーの技術はガスか液体に対して固体利得媒体を、利用する。 「シードレーザー」はレーザ光線を作り出し、次にガラス繊維の内で増幅される。 1.064マイクロメートルだけの波長によってファイバーのレーザーはそれに切断の反射金属材料のための理想をする非常に小さい点サイズ(二酸化炭素と比較される100番までの時のより小さい)を作り出す。 これは二酸化炭素と比較されるファイバーの主な利点の1つである


生産および切断のレート

二酸化炭素laser.pngを使用して切断のレート二酸化炭素レーザーdata.png


アプリケーション

レーザーの切断およびレーザーの良い切断は複雑な輪郭が精密要求する異なった種類の材料、および力自由な処理のために速く応用である。 レーザーは狭い切り目を作成し、こうして高精度の切口を達成する。 この方法は必要、大抵切られたドロス自由である場合もあるコンポーネントは少し入熱だけに応じてあらゆるゆがみ多くの場合後処理がではないことを示さないし、

ほとんどいろいろな種類の金属は切られるレーザーある場合もある: 穏やかな鋼鉄、ステンレス鋼およびアルミニウムは共通アプリケーションである。 他のレーザーの切口の部品は木、プラスチック、ガラスおよび製陶術からなされる。 代わりとなる技術と比較されてレーザーの切断ある小さバッチ生産のために既にコスト効率が高いが型抜きすることを好みなさい。 レーザーの切断の大きい利点は入る集中させたレーザーエネルギーであり小さい焦点直径、小さい切り目の幅、高い送り速度および最小の入熱を提供する


  •      穏やかな鋼鉄

    2つの次元の切断はCOの領域である2 レーザー. 穏やかな鋼鉄のための典型的な切断の速度は3つのmmの1つのmm、4.5 m/minおよび物質的な強さ8つのmmのの1.5 m/minのための18m/minに例えばある。 基本的には、レーザーが付いている金属の切断は集中されたレーザーの焦点の融点の上の材料のローカル暖房を通って起こる。 生じる溶解した材料はレーザ光線に同軸で方向づけられるガスの流れによって切り目が形作られるように出る

    特にlow-alloyed鋼鉄の場合、酸素は切断のガスとして普通使用される。 、鋼鉄のレーザーのフレーム切断のための最大のprocessable反対の厚さが25のmm.におよそある今

  • ステンレス鋼

    ステンレス製 鋼鉄はレーザー融合の切断と処理される。 CO2 そしてまたソリッドステートレーザーはこの種類のCOのアプリケーションに、適する2 より厚い材料の切断のために優先するがあるレーザー。  CO2 レーザーは1つのmm.の物質的な強さで18m/minの切断の速度でステンレス鋼および構築の鋼鉄を切った

    マイクロ材料加工ソリッドステートレーザー(ファイバーレーザー、脈打ったND: YAGは)一般にステンレス鋼を切るレーザーのために応用であり切られた幅を鋼鉄厚さによって20ミクロンに提供する

  • 非鉄重金属 (処理 非常に反射材料の)

    アルミニウム、マグネシウム、黄銅、銅、青銅、チタニウム、ジルコニウム、ニッケル、銀、金、プラチナ、タンタル、亜鉛または錫はレーザーによって切ることができる非鉄金属のための例である。

    工作物および材料の厚さの条件によって、CWのレーザーとの脈打ったレーザーまたは融合の切断プロセスの取り外しの切断プロセスを使用できる。

    マイクロかマクロか。
    薄い工作物は脈打ったレーザーかモールス式電信符号波レーザーによって切ることができる。 これらのプロセスによってぎざぎざ自由な最先端に終って切り目から溶解した材料を、排出するのに、援助のガスが使用されている。 切り目の幅は材料による50-300マイクロメートルとレーザーの種類の間にある。 レーザー力は0.5m/minから終わる100m/min.まで及ぶことができる切断の速度を定める。 薄い材料のこれらの切断プロセスを使用して、脈打ったレーザーは高精度の高品質達成し、熱影響は低い。 同じプロセスを使用してモールス式電信符号波レーザー(マクロ)は非常に高い切断の速度を達成できる

    昇華切断は切断のガスなしで行われる。 材料は直接蒸発し、切り目は漸進的な切除によって作成される。 これは単一モードのファイバーのレーザー(マクロ)を使用してまたは最も高いピーク力の短いパルスのレーザーによってことができる(マイクロ)実現する。 両方のプロセスによって、ミラーの偏向システムはビーム動きのための希望する選択である

    マクロ: 右のレーザーはどれであるか。
    両方のCO2 そしてファイバーのレーザーは非鉄金属の切断に使用することができる。 ある非鉄金属はCOを反映する2 ファイバーレーザーの切断が優先するほどレーザ光線強く。 これは銅、金 (cu)(au)および銀(ag)に適用する。 他のすべての非鉄金属のために、言うことができる: ファイバーのレーザーに薄いシートで主に利点、COがある2 レーザーに大抵より厚い材料のための良質がある。

  • 貴金属

高熱の伝導性の貴金属が付いている金属のための完全な切断の結果は、金のような、銀およびプラチナ金属レーザーの切口である場合もある。 プラチナ金属はCOで切られる2 ソリッドステートレーザーの波長がよりよく吸収されるので金および銀のための、脈打つか、またはq-switched YAGのレーザーが最初選択のツールである一方、ソリッドステートレーザーと同様、レーザー



製品

会社情報

TEL: +86-531-88983665
NO.19-1, Jiyang Street Industry Park, Jinan, China C.P.: 251400
電子メール: info@oreelaser.com